建築条件付きの土地に建てる

ここでは建築条件付きの物件ということで「建築条件付き」の意味についてお話ししてみようと思います。建物や土地を売買するとき売主との間に「売買契約」というものを結びますが、これとは別に売主と提携している建築業者との間で「建築工事請負契約」を結ぶ条件となっているのが建築条件付き不動産物件です。この物件は不動産業界の脱法に利用されるトラブルも多くたびたび被害も報告されているようです。購入されるかたはトラブルに巻き込まないようある程度の知識や法律を勉強しておくことをおすすめします。
住宅を購入する際には少しで勉強をしておいた方がよいと思います。単純に土地を購入して家を建てるということはまずできないのです。建物を建てるにあたっても、高さの制限があったり条件が付いている土地もあります。土地の仕入れ力を活かして、不動産会社では建築条件付の宅地開発を行って物件販売を行っているケースがよくあります。特に駅前の整然と区画された分譲地のために、購入希望者にも魅力的な土地である場合が多いのです。そして不動産会社では建築条件付物件を販売する場合には参考となる建築プランの提案も行っているために、実際に一戸建て住宅を建築するときにも非常に役立つのです。もちろん参考となる建築プランにはいろいろな間取りがあるために、実際に土地を購入する人にとっては家族構成に合わせてプランを選べるメリットがあります。また不動産会社が建築プランを提案することで、実際にマイホームが完成するまでの手順がスピーディーに進むメリットもあります。特に間取りの面では4LDKを基本としながらも、広いリビングルームを希望するときには3LDKの間取りが選べるなどの魅力もあります。

96

Copyright ©All rights reserved.建築条件付きの土地に建てる.